訥々

ゆるいジャニオタの思いつき

滝沢歌舞伎ZEROお疲れ様でした感想文(長いよ)

(書き始めたときは5.17)2019年の滝沢歌舞伎の予定が全部終わりました。わたしの滝沢歌舞伎ZERO千秋楽です!お疲れ!今年はふっかの誕生日もひかるさんの誕生日も見ることが出来て奇跡だったなぁ、とてもよかった☺️

そうこうしてるうちに滝沢歌舞伎ZERO大千穐楽も無事に終わりましたね。(書くのが遅いから…)怪我もなく、全公演美しくたくさんの桜が舞いました🌸良き門出でした。本当にお疲れさま。

昨年から歌舞伎を見始めたど素人なんですけど、今年は気迫が違う。あと主観ですがふっかの動きが抜群に良くなった気がする、なんだろう…猫背が治ったのかな?昨年は歌のないダンスの時に視線が床に落ちてる感じがして気になった記憶があります。

6人9人戦争には不参加の人間ですが、9人になって良かったなって思います。Snow Manの真髄は変わる事なく前を向いているし体制なんかでは芯の部分はブレないって教えてくれたし、新しい一面も見えたり意識の変化を感じたし良い事しか無いなぁ。

咎めるのも違うけど、夢を見てひた走る人を見せてもらってるわけでそれは我々の夢ではなくあちら側の夢で、ちょっと違うその部分を履き違えないでほしいものですね☺️

 

今回の歌舞伎、わたし的にはダンスが見たくなるメンバーが増えてて、昨年よりさらに目が足りなくなった。しんどい…

特に今回はしょっぴーのダンスがめちゃくちゃ好きな事に気付いてしまったのが大きいです。やばい。

基本的にふっかしか見てないんだけど今回上手側の座席が多くて目の前にいるからつい見てしまったんですよ……Snow Manのなかでは小柄で軽量なイメージだったのであんなダンスするのか!!って見入ってしまった。歌舞伎でダンスが好きなのは佐久間とめめと林くんだったんですが、3人ともしなやかな手足の動きに感情が乗っかってる感じがドラマチックで魅力的なんです、が、しょっぴーのダンスはそれとは全然違くてなんというか、床に足をつく度にそこに幹があるような芯というか柱がある踊りがとても好きでした。

昨年ナベ郎の演技見て、この人の芝居やばいなって思ったのに今年はダンスやばいなってなって渡辺翔太さん怖いです。ドラマの仕事待ってます。

 

なべ郎と言えば、今年のあべぞうですが(強引)初見は猫だったんですけど物凄く猫でしたね。手先足先からめっちゃ猫だった。ぬるっと緩やかに歩くとこが。

あとなんか、よく分からないけどすごくエッチだった…ただ歩いてるときもお丸の膝の上でも二階で鳴くときも…なんだろう、エッチだったよね?阿部ちゃん半端ないなって思った。しかし、元号を越えたら犬になっていた…犬はただの犬だった。いや、あのもふもふ着てあの立ち回りすげぇとなったけど、遠吠えの声の伸びもめっちゃ良かったけど…猫の方が驚きが大きかったな…

 

それから昨年の殺陣では全く何とも思わなかったんだけど、舘様の殺陣がとても美しかった。ひとりだけ全然違った。表現力が乏しいから上手く説明できないんだけど、舘さんの殺陣には重力があった。

本当に悪気はないので悪く取らないでほしいのですが、

わたしは滝沢歌舞伎の殺陣を上手に観ることが出来なくて、モノクロは舞台の暗さもあってなんか全員があちこち行って繁雑なのと刀がぶつからないからちょっとチャンバラっぽさを感じてしまっていて。双眼鏡で見るとみんなとてもよい表情で対峙していて熱気も感じるし汗も見えるし温度も湿度も感じる最高の演目なのに、引きで見るとそれを感じられない。全体を見るべきか個を見るべきかもどかしくなるっていうので行ったり来たりをしていて…

ただその中でどっちで見ても舘さんの動きだけは違ってとても素敵でした。

ROTでも舘さんの殺陣への想いを取りあげられていたし、以前出演した時代劇のドラマ最高だったのでまた時代劇出るといいなあ。

 

初日から圧倒されたのはラウールでした。佐久間の踊りは昨年同様本当に素敵でこの人の表現力はもっとたくさんの人に見てもらいたいと今年も思ったんだけど、それを飛び越えてラウールのダンスが凄かった。鳥肌がたった。

今年はmaybe誰見る問題が深刻で、踊ってないからふっかはいいやと思ってたら歌ってる時の表情がとんでもなくてふっか好き…ってなっちゃったんですけど、17日は最後だから佐久間を見よう!って見てたら、最後、佐久間が椅子持ってはけた後に地声で叫びながらラウが倒れこむところが見えて…しまった、見逃した…ってなった。

長い手足を余すことなく使って感情表現しながら踊ってるmaybeに対してmake it hotはにこにこぴょんぴょん楽しそうに踊っててラウールのダンスは本当に幸せなダンスだなぁと思いました。

お化粧のとこで、林くんが「Snow Manよかったね!」というくだりで、ふっかと二人同じポーズで前に飛び出すのがめちゃくちゃ可愛いんです…Snow Manにもいよいよ親子が…😇

林くんは今年も最高でした。わたしはおばけ(雪女?)が大好きでどうにかあれをもう一回やってくれないもんかな?と思ってるんですが、今年の五条大橋も切り取ってみんなにやべぇから見てくれって配り歩きたい代物でした。語り手と弁慶と義経、一瞬で入れ替わる人格が表情に宿るのを見れただけで感動しました。

どうにもご縁を掴みとれなくてまだ林くんのストレートプレイを見に行けてないんですけど、今年はどうにか見たいです。

 

そして、わたしは、ふっかのことをもっと好きになりました。誕生日の昼公演ほんとうに入れてよかった。多分もう二度と取れないし奇跡だと思っているけどふっかの本音を垣間見せてもらえてありがとうってなりました。思わず溢れた本音を聞いてしまってよかったんだろうかと思ったりもしたけど、いつも丁寧に本音を隠して飄々と立っていてくれる事が有り難い。知りたいのはもちろんけど、明け透けに本音や事実はこちらに伝わる必要はないと思います。ふっかはそういう意味で嘘つきで優しい人だなあって思います。好きだなあ。

ふっかの誕生日でたくさん泣いて、ひかるさんの誕生日で声だして笑って、そんなSnow Manを見て胸がいっぱいになった。ここから始まるSnow Manの歌舞伎がどうやって変化して次はなにを乗り越えるのか楽しみで楽しみで仕方ないです。

いいショーだった(びばり)

 

来年も行けるといいなあ。